HOME » 甲府で賃貸物件を探すなら!知らないと損するマル秘情報 » 甲府は山梨のなかでも住みやすい?4つの理由

甲府は山梨のなかでも住みやすい?4つの理由

甲府 住みやすさ kokori

引用元:にっぽん都市巡り(http://skyskysky7.hatenablog.com/entry/2014/11/09/003000)

山梨県の県庁所在地である甲府市は、人口19万人を抱える都市です。中心地は甲府駅周辺で、駅の南側には商業地が充実しています。駅の北側は住宅地で、駅から20分も歩くと緑が多いエリアが広がっており、子育て世代にはとてもいい環境です。

甲府をはじめ、山梨県は将来移住したい街として、首都圏の方が注目しています。近年では、20代を中心に若い人たちの移住が増えており、それだけ暮らしやすく魅力的な環境だといえるでしょう。

山梨の中心地・甲府の住みやすさとは

それでは、甲府の住みやすさをポイントごとに紹介していきます。

甲府はショッピング環境が充実

甲府駅の南口には山交百貨店や岡島百貨店、ココリといった商業施設が多く集まっています。バスなどの交通網も充実しているので、これらの中心地には車がなくても気軽に行けます。

甲府駅周辺だけでなく、郊外にも大型ショッピングモールが点在しています。オギノリバーシティーやイオンモール、ラザウォークといった複合商業施設が郊外にあり、車を持っていればお買い物に不自由することなく、住みやすい環境だといえます。

甲府は家賃が安い

山梨県全域でみると、家賃相場は大月や富士吉田などの、東京に近いエリアが高い傾向にあります。甲府市も高いほうではありますが、県全体の平均でみると、同程度か安いです。

例えば、ワンルームの家賃相場は、山梨県全体だと4.0万円なのですが、甲府市では3.7万円です(2017年9月ホームズ調べ)。

甲府市の家賃の相場としては、1LDKで5.3万円、2LDKで6.3万円、3LDKで8.1万円が相場になっています。

甲府は安心して暮らせる

駅や商業施設のバリアフリーが充実しているのはもちろん、甲府市では「安心安全街づくり事業」を進めており、地域の防犯意識が高い点も住みやすさのポイントといえるでしょう。

市民ボランティアによるパトロール活動や、防犯カメラ・地域安全ステーションの設置など、子どもから高齢者まで安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。女性も安心して暮らせます

甲府は東京に出やすい

若い人の移住が多い理由として、都心へのアクセスが良いことがあげられます。新宿まで特急で1時間半、しかも乗り換えなしでスムーズに移動できます。

電車だけでなく、高速バスも充実。所要時間は2時間以上かかりますが、片道2,000円とJRの特急列車の半額で利用できることから、若い人たちに人気があります。