HOME » 甲府で賃貸物件を探すなら!知らないと損するマル秘情報 » 山梨で安くてきれいな賃貸物件に住むのはむずかしい?

山梨で安くてきれいな賃貸物件に住むのはむずかしい?

甲府 リノベ賃貸 情報

引用元:リフォーム産業新聞(http://www.reform-online.jp/news/renovation/10414.php)

総務省の調べでは、2013年10月時点の全国の空き家数は820万戸になったそうです。空き家の割合を表す「空き家率」が山梨県は22%であり、全国で最も高いです。戸数でいうと、山梨の住宅総数422,100のうち、92,900が空き家となっているということで、すごい数の家が使われていないのですね。このように、山梨県では「空き家問題」が深刻なのです。

山梨ではきれいな部屋が少ない?

では、空き家が増えると何が起こるのでしょうか?

賃貸物件で空き家が増えると、不動産管理業者の管理が間に合いません。住宅は定期的なメンテナンスや清掃によって、きれいな状態を保つことができます。山梨県では、空き家が増えることで、きれいに保たれた物件が減っているのです。

山梨では、空き家をなくそうと工夫がされている

このように山梨県では、「きれいな部屋が少ない」といったイメージがあるかもしれませんが、近年、甲府では「空き家をなくそう」という取り組みが広がっています。

不動産会社、建築家、工務店、デザイン会社が共同企業体を組み、空き家をなくすために協力するプロジェクト「ゆたかな不動産」も始動しました。このプロジェクトでは、中古物件の間取りと内装を、入居者が決めることができるというプランを企画して、入居者の希望通りに空き家をリノベーションしています。

例えば、一戸建ての賃貸物件に「土間をつけてほしい」「和室をフローリングにしてほしい」といった要望に対応したことも。自分好みの住まいにしたいけど、予算や手間がかかるからと、あきらめていたという方には打ってつけのサービスですね。

リノベーション済みの部屋はきれい

リノベーションとは、「修復、刷新」という意味。住宅に大規模な改修を行い、間取りを変更したり、機能を追加したりして、元々の住宅に付加価値を与えることです。

一般的な賃貸物件だと、間取りや内装がありきたりなものになりがちですが、リノベーションによって、個性的な間取りや自分の好みのデザインにすることができます。

リノベーションをすることで、使い古したお部屋を元のきれいな状態にすることができます。

リノベーション済みの物件はきれいなのに安くておすすめ

リノベーション物件は、新築のような仕上がりなのに、新築よりも家賃をグンと抑えられているので、とてもお得です。

リノベーション物件は、基礎や土台が古かったりすることもありますが、耐震補強工事などもしっかりと行っているため、安心して暮らすことができます。内装は特におしゃれなものが多いですし、キッチンやバスルームといった水まわり部分は、現代のライフスタイルにあわせて改装されているので、デザインだけでなく使い勝手も良いです。

「新築は家賃が高いから住めない。だけど、中古は使い勝手が悪いから嫌だ」という方には、リノベーション済みのアパートやマンションをおすすめします。